語彙力

「Sさん、そのマウスいくらしました?」

わたくしのワイヤレスマウスを見て聞いてきたG。

経理に新しいのをもらったところ、ワイヤレスでなかったので
自分で買って経費を申請したい、みたいな相談だったんですが。

「経理のがヒモがついてて」

「あーヒモついてないのがほしいんだ」

「そうです。ヒモはいらなんです」

……お気づきだろうか。

「ケーブル」という単語が普通に出てきていないことに。

【S】

参考画像のヒモマウス(S私物)置いときます。

FullSizeRender

タヌキ

タヌキに化かされて同じ場所をぐるぐる歩き回っていたなんて昔話がありますが、
わたくしは本日、見本をずーっと梱包していました。

梱包完成→残りの見本が足りぬ!→梱包する数(サイン本分)間違えた!

ってだけの話なんですが、一応本が傷まないように段ボール箱の中でも
梱包しているわけで、その手間といったら…(自分のせい)。

これは…これは…

今朝見たタヌキのせい。

IMG_0956

お狸様の祟りじゃ!(罪状:盗撮?)

FullSizeRender

……これから本日の仕事に取りかかります。

【S】

桜が散っても

昨年に続き、大河を楽しみに日曜の夜を過ごしているSです。

しかし今年はいつまでもうすら寒くて(編集部だけ?)、

日曜にチャージした英気も、

月曜が終わる頃にはスッカスカ。

外線を取れば

「はい、Sです!」

と名乗る始末。自宅じゃないから!
今月から新生活という皆様も多いと思いますが、

お疲れの際はぜひシャレード文庫で

息抜きしていただければと思います。
【S】

今年も4分の1が終わり、やっと

今年はシャレード文庫20周年YEAR。

企画が立ち上がりましたです。

素敵なものがお届けできるよう取り組んでまいりますのでお楽しみに!

最近、各編集部さんがペーパーの配布方法や読者プレゼントそのものを
いろいろ工夫されていて、興味津々で拝見しています。

でもとりあえず今回は全サで!

5月の新刊オビで告知開始予定です。

是非チェックしてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

【花とカモ…特に意味はない S】

アビリティ【みやぶる】

お疲れ様です。

もう会社が寒いとも言っていられないくらい春めいて、
東京では桜が咲き始めたそうですね。

今朝は風邪気味かなと思って薬を飲んで出社したら、
何も言っていないのにK泉さんに

「どうしたの!? ボーッとしてるわよ!」

と一発で見破られました。すげえ。ライブラの使い手か。

週末にちょっと遠出をせねばならんので必死に校了作業をしております。

必死に……。

FullSizeRender (1)

そんなわたしにAmaz●nが勧めてきた本。

FullSizeRender (2)

直前に購入したのは筋トレの本なのになぜ。

余裕がないこと自体が失敗の原因なのよね~という菱沼さんの台詞がループする…。

【S】

S「鍋か~(カキカキ…)」

3月の新刊発売を控え、このタイミングなら出せる
2月刊のうちの一冊の作業中での赤字入れ間違い。

2016-12-08 12.35

「鍋」に目が行ってたんだろうなあと。

印刷の担当者様、(いつも)ありがとうございます…。

【S】

火気厳禁

昨日のGのエントリーでもTwitterでもこの話題で、
もう皆様は飽き飽きしているかもしれませんが、
弊社編集部は現在エアコン故障中です。

先週の月曜からエアコンが入ってないもんですから、部屋が冷え切っています。

そこで投入されたのがコイツなのですが。

FullSizeRender

Twitterに上げた写真では伝えきれなかったこの絶望感。

FullSizeRender (1)

FullSizeRender (2)

こんなオシャレなやつじゃなく、火鉢! 石油ストーブを!

明日は関東平野部でも雪の予報が出ています。

我々はいったいどうなるのでしょうか。

【S】

遅れて来たウォームBiz

木の芽どきは心も体も調子を崩しやすいと
言われておりますがいかがお過ごしでしょうか。

まあ弊社は社員が体調不良になる前に
会社のエアコンが壊れて、カイロやショール、ひざかけが大活躍。

木の芽どき関係なく、全員風邪ひき一歩手前みたいな日が四日も続いております。

たぶんこのまま春になる…。

【S】

FullSizeRender

すぐに直せないらしい。

モザイクは遠ざけると読める

3月の新刊もそろそろ校了で、
今日はオビを入稿しました。

二冊のうち一冊は原稿読んだときから候補を絞り込んでいて、
一つはオビキャッチに、もう一つはあらすじの冒頭に使用して
無駄なく使い切った(?)のですが、
もう一冊のほうは迷いに迷いました。

デザイナーさんにも「まだ差し替え間に合いますか?」を
二回もやって(すみません…)最後の最後に決まったのがこちら。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

データを開いた瞬間「字でか!」と思ったのですが、
文字校正を頼んだGにも「でかいですね…」とため息混じりにつぶやかれた、
シャレード的最大Q数(文字の大きさ)のキャッチです(10文字)。

コレにはコレだろ! という謎の確信をもって贈る
インパクト大なオビ。

ぜひ実物でお確かめください!

【S】