メルマガ会員情報流出に関するお詫び

平素よりお引き立ていただき誠にありがとうございます。
本日、シャレード公式サイトと二見書房公式サイトに
メルマガ会員情報流出に関するご報告とお詫びを掲載いたしました。

ご登録いただいておりました皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしましたこと、
あらためて心よりお詫び申し上げます。

メルマガのパスワード変更、配信解除につきましては
編集部にて随時対応しております。

そのほかのお問い合わせにつきましては

support_charade@futami.co.jp

にて承っております。

 

なお、今月のメルマガにつきましては、
サーバーの脆弱性の修正を実施済みであることから、
通常通りの配信を予定しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

【S】

広告

(こいつヒマなのでは…)

はんこを作りました。

関係者以外には意味不明な気もするので説明しますと、

ゲラ出し、初校戻しの際の印刷所の方への注意事項です。

鉛筆部分は著者に確認してから直すかどうか決めるので、
そのままにしておいてね、というメッセージ。

毎回この19文字を書くのが面倒で…。

通常はこんな注意書きを入れなくても大丈夫なのですが、
たまに反映されてしまった日には、著者校にいちいち

すみません、鉛筆が反映されてしまいました。
元原稿では○○だったのですが、●●としても大丈夫でしょうか?

という「失礼しました。熱盛と出てしまいました」みたいな文言を
鉛筆が反映された分だけ書き込むことになるわけです。

だからこそ印刷に赤字を戻すときは念入りに。

すべては己の楽のために(おい)。

【S】

 

脳みそ汗びっしょり

みんな、聞いてくれ!

8月刊のタイトルが決まったんだ。

つまりもう、今この瞬間から9月のタイトルをまとめなきゃならないってことだ。

ふー、オーケーオーケー。

まだあわてるような時間じゃない。

――ひとりスラムダンクごっこをしてしまう程度には
時の流れに震えるSです。

入稿作業も終盤というのに、まだ仮題
(の時点ではケダモノだった)を書いてしまったワレ。

IMG_1687

脳みそが追いつかないよ!

直してくれた誰か、ありがとう…。

【S】

早出しペーパー画像

なんともう5月が終わってしまいますよ。

「もう○月!」という話題は
もはや新鮮味もなにもないので
なるべく言わないようにとは思っているのですが、
それでもやっぱり言ってしまう。

6月!(戦慄)

震えながらこんな準備も着々と。

IMG_1680

恒例のペーパーフェア。

お取り扱い書店様は5月の新刊『文学男子のほっこり恋レシピ』の
ペーパー配布書店様と同じですが、配本前にまたTwitterなどで
アナウンスがあると思います。

お楽しみに!

カバーイラスト、フライングで公開しちゃってますが
来週あたりカバー画像アップされるので見逃してください。

【本文はモザイクかけてるから… S】

オメガバース再び

あいつがまたやってくる…… オ メ ガ バ ー ス が。

今度は6月7月の連続刊行。

2ヶ月で3冊送り出しますよ!(気合)

オビにはおなじみオメガバースマークも入るので、
店頭での視認性もバッチリです。

そこでSの使命は、第一陣の際に「3ヶ月連続刊行」と
8Qくらいの大きさで入っていたキャッチを考え直すこと。

キャプチャ01

裏紙が現場の生々しさを伝えております…。

IMG_1671

この中から3案に絞り、デザイナーさんと相談して決める予定です
(※明らかにデザイナーさんの仕事ではない)。

さりげなく(?)忍び込ませた「みんな大好き」は
OとGの事前審査で無慈悲に排除されました。

ドキドキの選考結果は店頭で!

【S】

書店なき街より愛を込めて

今日は水道橋駅前がやけにカラフルだなあと思っていたら、
某アイドルグループのコンサートで、
もののふと呼ばれる方たちがいらしていたようです。

水道橋といえば東京ドーム。
ホントにアーティストによって客層って違うんだなと
大変興味深く観察しています。

そんな書店のない街、水道橋から(神保町が隣にあるから…)
今月の新刊をお届けしますよ。

5月の新刊も気合の3タイトル。
鳥人BLか、本格ファンタジーか、飯テロか…。

今月の裏話としては、複合獣の地図を加工する際、
折れた紙みたいなエイジング(?)をほどこしたかったのに、
製版したらほぼ見えなくなったことでしょうか。

もっと思い切ってよかったのか…。

キャプチャ

【S】

ご長寿クイズ

以前からひっそりと二見書房HPにトピックスに掲載されていた
二見サラ文庫の情報が取次の新刊案内に掲載になりましたので、
本日からTwitterでもつぶやき始めております。

シャレード文庫でもおなじみの先生にもご執筆いただきますので
どうぞよろしくお願いいたします。

そのようなわけで、期待と緊張でいっぱいのSは
旧型のパソコンのように処理能力が低下、いや、
時間がかかるようになってきております。

G「Sさん、この告知が*/~:+;・+-|\~<.>_%&”#」

S「え、あ、うん…」

S「……」

S「……(トイレ行こう…)」

S(トイレ中)「!」

S「G、さっき言ってたことわかったわ!」

G「!?」

最近のSの頭上には、常時ぐるぐる回る処理中の水色の輪っかが(Wind◉ws仕様)。

配本を待たず、校了したら昇天しそう。

IMG_1661

そしてイージーミス…

【丈夫なくせに~という外野の声が聞こえますよ… S】

連休明け

連休最終日、ご贔屓チームがいい試合をして
「明日から頑張れる…!(エグエグ」
と感涙にむせんでいたわたくし。

朝イチでバイク便に電話すべきところを
デザイナーさん宅に電話して叩き起こし(すみませんすみません)、
次に、回収便を出すべきところ手配し忘れ、
朝からPCのネットワーク状態が不調で共有からデータを出せず、
いま人間便としてデザイナーさん宅へ向かってるなう。

明日から頑張れる…!
明日から頑張れる…!
明日から頑張れる…!(エコー)

なんだったのか。

【S】

生贄ポイント

ただいま最新刊絶賛発売中の九尾狐家シリーズ。

先生方のTwitterやあとがきにあったように、
『九尾狐家ひと妻夜話』のときはコウキ。先生が目を傷められ、
今作『九尾狐家入内ノ儀』では鈴木先生が肩を骨折されました。

シリーズ三作目から急に生贄を求め始めた九尾狐家シリーズ。

linecamera_shareimage (1)

目、肩ときたら次は腰。

そして未だ無事なのはS一人…つまり次回作ではわたくしの腰がどうにかなっちゃうのでは!?

という己の妄想を鈴木先生に披露していたのですが、
先日鈴木先生が来社されたとき。

「ぎっくり腰をやってしまいました…」

なんと鈴木先生が腰を痛めてしまっていたのです。

おいたわしい…という素振りを見せつつ(おい)

「これで生贄の先払い完了ですね」

と安堵するわたくしに

「足とかかもですよ…」

と不吉な予言を残し、サイン本を済ませ帰っていかれた鈴木先生。

足…日常生活に多大な支障をきたすのに
仕事にはなんの差し支えもない足!

ありそう!

【お狐さまにお参りとかしたほうが? S】

ゆかいな仲間たち

今日は小ネタが満載の一日でした。

仕事の首が回らなくなってきたので元シャレ編のYを召喚して
早速ゲラを頼んだのですが、
赤入れ原稿を届けに来たYの手提げに肝心の原稿が…。

Y「忘れました」

Y、明日も来るってよ。

 

その後、給湯室に行くと午前中社内で打ち合わせをしていたGと遭遇。

G「新しい席替えの配置を見せてもらったんですが…」

編集部は近々フロアのレイアウトを刷新するので、
我々もちょっとだけ移動する予定なのですが。

G「Fさんと(マンツーで)向かい合せになりそうなんです…!」

編集部の新部長F氏は、その名を分室に載せるとその日のエントリーが消えるという
おそろしい都市伝説を持つ御仁です。

G「犬小屋をここに設置してやるからみたいな口調で…!」

これまでY原さん、O元役員と飼い主(上司)を渡り歩いてきたG。

人間不信に陥っている犬のようにふるふるしていましたが、
新しいご主人とうまくやっていけるでしょうか。

 

その後、席に戻って仕事をしていたらOがワナワナしながら
わたくしの席にあるファブリーズを貸してくれと言いにきまして。

行きつけの(?)ラーメン店に行ったところ
店員が全員替わっていて、味が激マズになっていたらしいです。

O「臭いにおいが服に染みついて耐えられません…」

チェーン店でそこまで味が変わるって。
謎の組織に乗っ取られてたりして(妄想)。

しかも隣の女性が財布を忘れたと言って出ていったきり戻ってこなかったそうで、
無銭飲食の現場にも遭遇しているという…。

水道橋の治安が心配です。

IMG_1631

【ファブリーズの背後に激落ちくんを常備 S】