大好き特殊加工

さて本日は太陽堂成晃社様のご厚意で
文庫20周年記念小冊子のカバーの印刷&加工工程を
立ち会いさせていただくことになりました。

建物内に入ると手がけたものが陳列されています。
右側にはわたくしとOがざわつくJoJo関連のものも見えます。

工場内へ入ると刷り出したカバーが作業台の上に。
メインモニターでかい! 最新鋭っぽい!
不織布キャップをかぶった誰かの頭が写っておりますね…。

IMG_1338

この等間隔に並んだ機械で印刷&加工しているとのこと。
たぶんC版、M版、Y版、K版、箔とか、蛍光とかに分かれているんだと
(説明してもらったものの機械の音量でほぼ聞き取れず)。

このすごいドイツ製の機械は日本に三台くらいしかないらしいです。

IMG_1339

カメラ三台で異物チェック。
工場内もチリひとつないくらい清潔に保たれてます

IMG_1344

お次はオンデマンドの機械の部屋へ…。
途中に無造作に積まれていた仕上がり済みのカバーw

IMG_1346

オンデマンドは少部数の印刷物に対応可能な機械。
今日は某アイドルのクリアファイルをお試し印刷で見せていただきました。
機械から吐き出された瞬間にインクはきっちり定着し、
熱を持ったりもしていないあたりに最先端な印象を受けるわたし
(会社のコピー機のイメージだと刷り上がりホカホカなので…)。

IMG_1345

ペーパークラフトのガンダムとダースベイダー、ストームトルーパーの頭部が
(かぶれるらしいです)。

こちらはおなじみPP加工の機械。
他社様の本だったのでモザイクかけてます。

PPロール。
サランラップとクリアファイルの中間くらいの厚みと柔らかさ。
これが文庫カバーのツルピカのもとなのです。

工場というと入社したてのときに見た、インクにまみれた職人さんが
わっせわっせと仕事をしている風景の印象があったのですが、
もはや時代は移り変わっていたのでした。

工場が最新鋭になるほど現場の人間の人数は減り、
某T印刷様のどこかの工場では紙すら自分で転がってくるとか…(機械制御で)。

人類の危機すら覚えつつ、有意義な工場見学は幕を閉じたのでありました。

太陽堂成晃社様、お忙しい中貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

IMG_1356

【S】

 

広告

宣誓

HP、Twitterでも告知しておりますように
本日、椹野道流先生のコラボカフェが
コミコミスタジオ町田店様でオープンしました。

今のところ小説メインレーベルの弊社がコラボカフェに
かかわらせていただける機会はなかなかないと思われますので、
関係者一同、骨の髄までしゃぶりつくす勢いで楽しませていただこうと思っております。

そんな開催準備完了と同時に、新刊見本が出来上がってまいりました。
一冊はもちろん、『花火と絆と未来地図 いばきょ&まんちー4』。
もう一冊はシャレード文庫初登場、夢乃咲実先生の『電気執事は恋の夢を見るか』です。

電気執事とはなんぞや?

ブルーが美しいカバーが目印ですので、
ぜひお手にとって確かめてください!

さらにその陰で、文庫20周年記念小冊子がもうすぐ校了…。

年末進行の時期に小冊子を発送するスケジュールはやめようと固く心に誓います…。

【S】

同年代のよしみは容赦ない

 

公式のTwitterでつぶやかれていた通り、
20周年の小冊子の作業が大詰めです。

今回もピッカピカのキラキラ加工を存分に施した一冊になる予定。

今日はそのカバー再校の日でした。

デザイナーのOちゃんが加工の違いを説明してくれるのですが
加工といえばPP(カバーのツルツル加工)しか知らない我々は

「うう…まぶしい…」
「光で…光でよく見えない」
「目がつぶれる…」

と全体像を把握できず、
何種類かの見本が並べられたテーブルの周りを
椅子取りゲームさながらウロウロ(見やすい角度を模索)。

最後の最後まで「ん?」とか「んん?」とか言いながら
いつまでも見ているGにOちゃんが「(決めるの)おせーよ」
と言い放ったのが今日のハイライト。

【S】

 

全員S

連休中に散歩でもして、乙女らしく花でも見ようかと
「バラ」と「最寄りの駅名」を入力して検索したところ
豚バラ情報がこれでもかとヒットしたSです。

結局アウトレイジ最終章を観て、

「道具(拳銃)よこせや」
「なめてんのかこのやろう」
「先代やったら皆揃うとるんとちゃいまっか~」

と、中田と大友と西野のキャラが混在した人格で休日を過ごしました。

【1と2も観直しました S】

つぶやき

録画してあった大河ドラマを観たら、
家康×万千代のBL展開回で非常に楽しかったです。

すっかり登場機会がなくなってしまったけれど、
あやめ殿主役のTLとかありだよなあ…などと妄想。

【S】

椹野道流先生デビュー20周年記念 リアルサイン会 in 町田

分室ネタが絶妙に当番の日を外してくるSです。

選挙戦真っ只中、弊社のある東京1区は
激戦区としてたまにテレビなんかで取り上げられているようです。

それはさておき

『椹野道流先生デビュー20周年記念 リアルサイン会in町田』

ということで本日からサイン会抽選受付が始まっております。

のんびりしているとあっという間に締切になっちゃいますので
早めのお申込みをよろしくお願いいたします!(24日受付終了です)

今回はコラボカフェも開催してくださるとのことで、
詳細はまだ発表されておりませんが、
いろんなグッズの企画がございます。

実現したらそりゃあ楽しかろうという企画書を拝見し、
「でもなあ…」と心配するSとプランタンのNさんの杞憂もなんのその、
快諾くださった椹野先生は仏です。

皆さまのご来場をお待ちしております☆

仏といえば、聖徳太子の推定身長が175~178センチと
先日のヒストリアで言っていて、ちょっとムラっときました。
飛鳥時代の長身ヒーローかー…。

【日出処の天子も好きでした S】

谷間

イベント告知真っ盛りの分室。

Oは真崎先生WEBサイン会、
Gは記念すべきパール文庫から初の紙書籍化、久々のWEB連載…。

なぜわたしの分室当番は明日でないのでしょう。

【S】

赤入れマラソン

 

20周年小冊子原稿がまとまりだしたので赤入れ中です。

便宜上、各先生に背番号をつけさせていただき
ファイルと原稿管理しています。

IMG_1279

一本一本はそう長くないのですが、
二本、三本と続けて赤入れをしていると
例によって「ルビ振ったか振ってないかわからなくなる病」を発症します。

脆弱な脳が恨めしい…。

それにしてもベテラン先生方の原稿というものは
短くてもしまっていて読み応えがある…。

あらためてそんな感動を覚えております。

【S】

新システム

10月です。

弊社は今月から宅急便の送り状が手書きから
送り状発行システムを使用する方式になりました。

こんなんです。

IMG_1274

通販とかでよく見ますよね。アレです。

この↑完成写真は、本日の大騒ぎの末の成果なのです…。

Sの作業環境:Windows10
ブラウザ:Chrome

用紙サイズがA5のため、手差しで出力するのですが
用紙の方向とプロパティでのタテ・ヨコ設定が上手く調整できないわけです。

IMG_1275IMG_1276

死屍累々…。

最終的にGの助言を受け成功した方法は、

Chromeをあきらめて、Internet Explorerを使う でした。

Edgeでなく、IEです(強調)。

それにしてもChromeの印刷設定画面の使い勝手の悪さよ…。

今のところ編集フロアではわたくしとGしかこのシステムを使用していないようなので
明日以降は高みの見物で。ふふふ。みんな右往左往するがいい!

【S】