タスケテ…タスケテ…

ん゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!

藤◯竜也botのように叫びたい今日。

目はまだマシですが鼻と喉が逝きました。

原因不明のアレルギー。

こんなことなら素直に花粉症とかのほうがマシだった気が。

誕生日にOからボディショップのポーチギフトをもらったんですが
中身を差し置いてポーチが薬入れとして大活躍中。

IMG_1600

Gが貼ってくれた、K野印の天狗写真のご利益は未だ顕れず…。

【S】

広告

【悲報】Sさん薬が効かない

アレルギー反応を示しながらも、花粉症ではなかったSさん。

https://platform.twitter.com/widgets.js

夕方の人が少なくなった編集部フロアに「ズビ…ズビ…」と悲しみの音が響いています。

わかります! わかりますよ!
私は花粉症ですがアレルギーはつらい…わかります!

以前に処方された対アレルギー症状への薬は、もはや効かない身になってしまったそうです。

少しでもよくなるよう祈りを込めて、
K野さんに貰った御利益ありそうな天狗写真、貼っておきます。

実はまだあります。天狗フォルダ潤いました。

京橋先生に診てもらいたいG】

謝罪会見…

トピックスにもあるとおり、電子コミックスの『悪い男には裏がある』2話

『嫁にこい~あやかし癒し~』2話が3/23(金)より配信中です。

読者様、先生方、書店様にはご迷惑をおかけいたしまして、本当に申し訳ございません。

心よりお詫び申し上げます。

先生方へも謝罪とご報告をしたのですが、皆様優しく許してくださいました(涙)。

そんなわけで予定よりひと月早くのお届けとなりましたが、どうぞよろしくお願い致します!

『天狗の嫁取り』1話も配信しておりますので、3作品合わせてぜひ~!!

【O】

エとロは並べて書きたい

ネタに困ったときの誤字シリーズ。

2018-03-26 18.18

新字を正字にしてほしかったんですが。

エロって覚えてたところまではいいけど、
配置するところが間違ってた。

(右側の二つは誤字に気づいた直後の練習の跡)

さて、本日は3月の新刊配本日。

今月もいいの揃えてますんでぜひ!

【S】

祈願。

今日はシャレード文庫3月新刊の配本日と、コミカライズ作品の配信日が重なるという
コンボな日でありました。

ヒットしますようにとの願いをこめまして、写真をそっ。

プリンも!
(御茶ノ水のレストランにて。注・上にのっているのはクルミです)

ネコミミも!
(画像協力・Sさん)

天狗も!
(画像協力・ポ〇モンマスターK野さん。探していたらくれましたw
栃木の古峯神社の天狗様だそうで。霊験あらたか!)

丸っとぜんぶよろしくお願いいたします!!!

【G】

さんすうのお時間

今日は請求書作成デーでした。

消費税やらそれ以外の割合など、いろいろと足したり引いたり…。

先生(経理のTさん)に計算式を見てもらい、3度作成しなおしてヘロヘロ。

最後は印刷までミスる始末…。(もうあかん…)

その後の校正作業は、ようやっと言葉の通じる国へ戻ってきたような安堵感がありました。

【すうじ…おそろしいヨ… O】

桜と稚児と道明寺

C田さんから桜餅の差し入れをいただきました。

OとGは練切の稚児桜を選んだようです。

「さすがシャレードの人」

とC田さんに褒められ(?)る二人。

ちなみにわたくしは道明寺を。

東日本出身ながら、桜餅に関しては東の長命寺より西の道明寺派。
桜の葉っぱは芯を残してほぼ食べる派です。

今日の東京は開花宣言を撤回したくなるような寒の戻りでしたが、
男性陣が全員外出中の編集部は
女性陣だけでキャッキャウフフと和菓子タイムを楽しんだのでした
(Y下さんは女子枠ですから…)。

IMG_1592IMG_1567

【S】

明日、明日には必ず……

春ですね。
容赦なく春です。

シャレ編が〇〇年前から大事に使い続け、今や編集部フロアの共有となった切手箱。

その中の82円切手が、あと3枚なんです。
先週末の時点で、あと3枚。

そろそろ補充せねばな~と郵便局を頭に浮かべつつも、道のり半ばで挫折しています。

「か」で始まって「ん」で終わる3文字のあいつが!
あいつが私を阻むんです…!

や、明日には、明日には必ず…。

あ、明日はメルマガ配信日です。
プリンなオメガバにネコミミ大学生、いろいろ情報詰め詰め号、お楽しみに…!

【G】

こだわるとこじゃない?

電子コミックスが配信開始になりはや3週間。

来週には『天狗の嫁取り』第一話が配信になります。

電子の納品にだいぶ慣れてきた私ですが、

最近は新たな仕事、ぼかし、に励んでおります。

 

やるからには精度を上げて、と

もうちょっとここ、ほわわ~っと?

仕上がりの形変じゃない?

など、できたものをGにチェックしてもらっていたのですが、

「このぼかしすごいな~、という目線で見る人いるんですかね…?(汗)」と言われて我に返りました。

確かに…。

【O】

F書房データベース・被害者の会

弊社には文庫レーベルがいくつかあります。

それらをデータベース化する際に
レーベルごとに識別用のアルファベットを振っているそうです。

電子書籍担当の仕事なんですが、それがこちら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シャレード文庫→S

ハニー文庫→T

マドンナメイト文庫→M

二見文庫→F

二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション→K

二見文庫 ロマンス・コレクション→K

二見レインボー文庫→R

二見時代小説文庫→H

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なにやらおかしな英字を振られてる人たちがいますね。

 

シャレード文庫「いくらローマ字表記だとsharedoだからってあんまりです」

ハニー文庫「時代小説にHを使われていたのでTLのTだそうなんですが、
そもそも時代さんがなぜHなのかさっぱり…Jじゃないんですか?」

二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション&二見文庫 ロマンス・コレクション
「おれたちなんてふたつまとめてkaigai(海外)のKだぜ。勘弁してくれよ」
「oh…」

二見時代小説文庫「時代は歴史、すなわちhistory。何か問題でも?」

 

Sを振られたシャレードの本来の頭文字「C」が空席であるとか、
和モノの時代小説で急に翻訳を試みてみたりとか。

おかげで後続のレーベルが元号問題みたいなことになっております。

電子については弊社は(めずらしく)わりと草創期から取り組んでいて、
担当者も歴代何人かいるため、この振り分けの容疑は彼らにかけられている模様。

Gは無実です(たぶん)。
そしてこのネタは現在電子を取り仕切るGの提供によりお贈りしました。

【S】